*

綺麗な言葉使い

私は仕事で言葉遣いには気を付けるようにしています。 日常でつかっている日本語は同じ意味でも、言い方次第で相手に与える印象はかわります。 そこで、綺麗で丁寧な言葉遣いについて勉強をしてみたいと思います。 ・ありがとう  「ありがとうございます」これは相手に感謝を表す言葉です。  この言葉を「真にありがとうございます」にするだけで、  心の底からその気持ちがあるという事を表現することができます。  「この度は○○○頂き誠にありがとうございます。」何に対して  感謝をしているのかが相手に伝わります。    ・申し訳ございません。  相手に謝る際には「ごめんなさい」「すみません」「申し訳ございません」などいくつかあります。  どれも謝る時に使用するには問題の無い言葉ですが、会社の上司には「申し訳ございません。」を使用するといいです。  「申し訳ございません」というのは言い訳をする余地もなく、心から謝る気持ちが相手に伝わります。 ・左様でございます  相手の話に対して相づちを「はい」返す場合があります。  ですが、「はい」を遣い続けると内容を理解しているのか、又は相手に冷たい印象を与えてしまいます。  その場合は「左様でございますか」などの言葉をいれて対応すると  マイナスな印象を与えず、丁寧で上品な印象を与えます。 日本語は難しい部分もありますが、会社では言葉遣いに気を付けなければいけないことが多々あります。 その際に友達と話しているような言葉遣いを使用してしまうと、社会人のマナーがないと思われてしまい 仕事に影響を与えてしまいます。 丁寧な綺麗な言葉遣いを覚えて使用することも社会人としてはとても重要な事です。横浜桜木町駅前のQuol



コメントする