*

転職サイト利用しよう

仕事上のことで何か話す都度、少し観念的な感じで「どういった風に感じたのか」という事のみではなく、併せて実例を入れて話をするようにしたらよいと考えます。
当たり前だが人事担当者は応募者の持っている真のコンピテンシーについて選考などで読み取って、「自社にとって必要で、活躍できそうな人か?」、本気で選抜しようとしているのだ。そのように感じています。
【応募の前に】例えば、運送業の会社の面接においてせっかくの簿記1級の資格を持っていることを伝えても評価されません。事務職の試験のときになら、高い能力の持ち主として評価されるのです。
では、働きたいのはどんな会社かと聞かれたらどうも答えがでてこないものの、今の勤務先への不満となると、「自分の評価が適正でなかった」と意識している人が非常にたくさんいらっしゃった。
就職できたのにその会社のことを「思っていたような会社じゃない」、「やっぱり辞めたい」そういうふうに考えてしまう人は、たくさんいて珍しくない。
まず外国企業で働いたことのある人のほとんどは、依然として外資のキャリアを踏襲する特性があります。言い換えれば外資から日本企業に就職する人は極めて稀だということです。
企業というものはいわば1人の人間の都合よりも組織の成り行きを先にするため、往々にして納得できない配置換えがあるものです。必然の結果としてその人には不平があるでしょう。


コメントする