*

私はこうして借金を返済しました。

破産許諾がなされた場合にどんな損失(デメリット)があるかは、破産申請を検討してみた人達にとって間違えなく始まりに得ておきたい内容だと考えられます。

以下に破産宣告者にもたらされるデメリットに関連する中身をまとめ書きにしたいと思います。

・破産者の一覧に掲載されます。

※国の身分書を発給するための基礎資料なので通常の人は手に入れることができませんし、免責の許諾がおりれば取り消されます。

・官報上に公開される。

※市販の新聞とは異なり通常の本屋では扱われませんし、普通の方達には縁もゆかりもないことであると考えます。

・公法上におけるライセンスの制限。

※破産者になった場合弁護士、CPA、税理士といった資格保持者は資格剥奪になるから実務をすることができません。

・私法上のライセンスの制限。

※自己破産認定者は後見人、連帯保証者、遺言執行役を受け持つことが不可能になります。

そして、合名会社、合資会社の雇用者および株式形式の会社、有限会社の取締役の人、監査担当者の場合は退任根拠とされます。

・各種ローンやクレジット機能の利用ができなくなります。

また、破産管財人ケースの際、次のような制限が追加されます。

・自身の財産を好きに管理、売却することが不可能になります。

・破産管財を行う人や貸主団体の要請があれば適当な説明をせまられます。

・認定をもらわずに居住地の変更や長期に渡る旅をすることは許されません。

・裁判官が緊急だと許可したときには体を捕らえられる場合もあります。

・送付品は破産管財人に配達されることになり、破産管財役は届いた送付品を開封権限があります。

まだ書いていない自己破産者のデメリットに関するよく間違われている事項を一覧にします。

1戸籍データおよび住民データには記述されません。

2企業は自己破産したことを根拠として解雇することは認められません。

※基本、本人が言わないかぎり他人に知られることはないです。

3選挙の権利や選挙に出る権利などの基本的権利は剥奪されません。

4連帯保証人ではないなら血縁関係者に返納義務は認められません。

5最低限度の日常に大切な家財一式(デスクトップPCTVなどを含めて)着るものなどは差し押さえないです。

困難に関してあげてみました。

破産をすることにより返済はゼロになるかもしれませんが上記のような困難もあります。

破産を考慮する上で有効性も損失しっかりと研究した方がよい結果になるでしょう。


コメントする